Blog&column
ブログ・コラム

好転反応がいつまで続くのか解説

query_builder 2022/04/08
コラム
18
マッサージを受けた後、眠い・頭痛・だるいなど感じた経験はありませんか?
それは、身体が回復に向かっている「好転反応」かもしれません。
しかし、「いつまでその身体の不調が続くのか気になる」という方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、好転反応がいつまで続くのかについて解説します。

▼好転反応とは
好転反応とは、症状が回復する上で起きる一時的な身体の不調のことを指します。
筋肉がほぐれることで、大量の老廃物が血液中に流れることが原因と言われているのです。

■好転反応はいつまで続くのか
好転反応が現れるまでの期間ですが、施術後1~3日で好転反応の症状が現れ、それから1~3日間程度好転反応の症状が続きます。
もし、1週間以上も不快な痛みが続く場合は揉み返しを疑った方が良いでしょう。
好転反応は、長く続いても3~4日ほどです。
日を追うごとにすっきりした感じになっていくのが一般的ですよ。

・揉み返しとは
施術による過度な刺激や無理な姿勢での施術によって筋肉にある筋膜や筋繊維が損傷し、炎症を起こす症状です。
ひどい場合では、内出血が起こります。
症状は3日以上続き、ピンポイントでの症状が特徴です。

▼まとめ
好転反応は施術後1~3日で症状が現れ、そこから1~3日間程度症状が続くのです。
しかし、1週間以上症状が続く場合は、揉み返しの可能性があります。
浅草の整体院・手もみ家では、お客様一人ひとりの症状に合わせた施術をご案内していますよ。
出張マッサージも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • query_builder 2022/06/06
  • 浅草深夜マッサージお探しのお客様

    query_builder 2022/04/24
  • 浅草のホテルヘ、出張マツサージにいきました。

    query_builder 2022/04/15
  • 浅草で、肩こり首の、痛みで、お困りのお客様

    query_builder 2022/04/14
  • 浅草の、腰痛について

    query_builder 2022/04/12

CATEGORY

ARCHIVE